ペンダントについたしつこい汚れを落とす方法

お洒落として活用しよう

服装に合わせよう

婦人

無地のトップスを着用する場合、何か殺風景に感じられてしまうことがあります。そんな時にはペンダントを合わせてみましょう。ワンポイントのオシャレアイテムになります。ペンダントはいろいろなカラー、デザインがあるので、服装に合わせていくつか持っていると役立つはずです。また自分でも作ることができ、一時期、ロケット型のペンダントが流行ったことがあります。これは好きな人や大事な人の写真をハート型のロケットに入れて、首から下げるというタイプのペンダントです。これでいつでも肌身離さず一緒に居られることから、世の女性たちに人気となりました。このように、目的に合わせて自分で作ってみるのもお勧めです。その際、簡単に作れるペンダントキットを活用しましょう。最近はインターネットでも手軽に取り寄せることができます。手作りのものはオリジナリティーも感じられるので、プレゼントにもいいかもしれません。それから、ペンダントは小さなものもあれば、大きなものもあります。首から下げるタイプということもあり、あまり大きくて重量があると肩こりの原因になってしまう可能性があるので注意しましょう。もちろん、チェーン部分を短くするなど、調節して使えるタイプがお勧めです。首元にチラッと見えるタイプが良い人は、チェーン部分を短くします。一方、チェーンを長くしてぶら下げるタイプも人気です。これはどこかに引っかかってしまうこともあるので、その点だけは注意しましょう。

トップス選びがポイント

装飾品

ペンダントは首元を華やかにしてくれるアクセサリーで、ひとつプラスするだけでコーディネートにメリハリをつけることができます。ペンダントトップにはさまざまな種類があり、ダイヤモンドやパールなどの天然石や、ハートや花、星のモチーフが女性に人気があります。ペンダントはトップスの選び方で着こなしに変化を付けることができます。トップスと上手にコーディネートできれば、いつも通りのファッションでもワンランクアップして見せることができます。ペンダントはチェーンが長めで、モチーフが大きめなものほど華やかでカジュアルに、チェーンやトップが華奢なタイプだと品の良い印象になります。一番使いやすいタイプはペンダントトップが小さく、チェーンが短めのシンプルなデザインのペンダントです。鎖骨の近くにモチーフがある長さのものだと女性らしい印象になるので、カジュアルな服装でも大人っぽく仕上がります。夏の定番でもあるシンプルなTシャツに華奢なタイプのペンダントを合わせれば、ラフなイメージのあるTシャツスタイルでも上品でエレガントな印象になります。モチーフが大きめで存在感のあるペンダントを選べば、コーディネートのアクセントになるので、地味目なファッションでもカジュアルで華やかな装いに生まれ変わります。ペンダントを引き立てるにはシンプルな無地のシャツやニットを選びましょう。柄物のトップスだとゴチャゴチャした印象になり、ペンダントも引き立ちません。ファッションセンスに自信のない方でも、無地のトップスなら失敗することがないのでおすすめです。

基本的なルール

女の人

首元をおしゃれに飾るのがペンダントです。自由にトップ部分を取り換えることのできるペンダントは、ネックレスよりも自由度が高いです。しかし、ある程度の選び方を知っておかなければ、折角のペンダントが浮いてしまうこともあります。ビジネスシーンや冠婚葬祭の場では、派手なものよりもシンプルなデザインが好ましいとされています。チェーンの太さも、大き目のペンダントトップの場合は太く、小さめの場合は細くというのが一般的です。首元の存在感を出したい場合は、極太がお勧めです。この場合、ペンダントトップよりもチェーン部分がメインになりますので、ゴールドやプラチナなどの高級感があるものが適しています。長さも重要で、真珠などの一粒石のペンダントトップを付ける場合は短めのチョーカータイプが似合います。カジュアルな服装には少し長めがお勧めで、首のラインを美しく見せる効果もあります。もっと長めのものを2重に巻いてボリューム感を出したり、複数のペンダントトップをまとめたりとチェーンの長さ次第でアレンジの仕方は様々です。チェーンの長さを調節するアジャスターと呼ばれるパーツを手持ちのものに付ければ、簡単にペンダントトップの位置を変える事が出来るので大変便利です。チェーンの素材も様々あり、チタンやゲルマニウムを使ったものは健康目的の人に人気があります。金属アレルギーがある方は、反応の出ずらい銀や金の含有量の高いものや革製などの金属製以外のものがお勧めです。